[社会分析日和

[人物、経済、社会、政治、企業を分析していきます。


[SEOにドメインが効果があることをやってみて証明する
0
     Googleは、今まで優秀な記事であれば、あまりドメインを加味していなかったのですが、段々とドメイン自体に属性というものを持たせ、それに関する記事は上にしてきました。

     そして今般では、例えば、www.SEO対策.comなどというドメインでも一定の成果を期待できることが証明されました。その理由とは、新規にAIスピーカーと通信制高校のWebを立ち上げ後者を途中から全く関係ないドメインに変更するというものです。

     AIスピーカーは、aispeaker.shopを取得し、JUGEMのシステムを使い、http://info.aispeaker.shop としました。特別なキーワードでヒットがなくても、Googleで「aispeaker」を入れる人が多く、それがアクセスにつながっています。と言っても日に10人来ればいいほうです。

     次に通信制高校の記事を www.tsushin.tech でグーペを使用して構築。それなりのアクセスがあったのですが、こちらは途中から www.diceki.com という全く関係ないドメインに意向。AIスピーカーも通信制高校も情熱をかけて作ったつもりで、どちらかと言えば、後者のほうがニッチでアクセスがありそうですが、現在もまったくアクセスがない状況。AIスピーカーはライバルが多い割にアクセスがあるのがふしぎです。

     ということで、ドメインはある程度SEOに効果ありと認められました。今度は www.diceki.com を www.tsushin.techに変更してみます。そして結果をご報告します。



    diceki.com Analyticsを公開することは禁じられているので数値だけ



    info.speaker.shop


    トップページ
    http://fam.fmyoko.com/
    TAGLA




    JUGEMテーマ:インターネット



    | kotomisu | 企業・組織 | 15:58 | comments(0) | trackbacks(0) |


    [ラジオの終わり
    0
       わたしの学生時代から30代後半まではラジオの人間でした。
       しかし、J-WAVEやTOKYO-FMが進化するなか懇意にしていたラジオ局が、90年台代からまったく変化せず放送しているのを聞いて残念に思い、また好きなパーソナリティがいなくなったのもあってやめてしまいました。
       雑誌も新聞もラジオも広告費ではネットに抜かれています。目を使わないラジオは最適だったのですが、そのラジオ局はネットを敵視し、迎合しませんでした。
       終わったと思います。



       AIスピーカーという存在です。もはやラジオを買う必要がなく、ラジコをAIスピーカーで聞いたりSpotifyやApple Musicと競合していく存在になると思います。TBSラジオとJ-WAVE、ニッポン放送は早くも参加しています。生き残るでしょう。Bay-FM(千葉)はタレントを多く抱えるラジオ局でこちらも独自に生き延びていくでしょう。
       ラジオ放送も部分的に終りを迎えますが、正確に言えばラジオ受信機がラジコによって終りを迎えると思います。名刺サイズのラジオが15000円とかで売っていましたが、もう売れないと思います。何せラジコは雑音がありませんから。AIスピーカーはいま、Wi-Fiに縛られていますが、その内、LTE対応モデルも出てくると思います。うーん、でもそれではスマホそのものですか。
       放送が終わり、通信の時代になったということですね。しかも10年前から既に。
       災害に強いと言われますが、ニッポン放送の緊急地震速報は結局役に立ちませんでしたし、被害地にはキャリアがLTE基地局をクルマで持ってきてくれます。放送の出番ではなくなってしまったのですね。テレビは利権が絡みすぎてわたしは何も言いたくありません。
       寂しい気もしますが、やっぱり変化できないものは滅びるんですね。
       もうちょっとがんばってほしかったです。


      トップページ
      http://fam.fmyoko.com/
      Writer:TAGLA

      JUGEMテーマ:インターネット



      | kotomisu | 企業・組織 | 08:43 | comments(0) | trackbacks(0) |


      [宅配ボックスヤマト佐川日本郵便に聞いてみた
      0


         昨今、ネット通販の拡大により、宅配業者が悲鳴を上げていますが、自分でもできることをと思い、宅配ボックスを置くことにしました。
         しかし当の宅配業者が置いてくれないと、話にならないので大手3社に聞いてみました。

        ・ヤマト運輸
         本店にかけると営業所から「連絡差し上げます。」と言われ、自作でなくメーカー製であれば置きますとのことでした。応対がすごく柔らかくさすがヤマト運輸様であると思いました。

        ・佐川急便
         営業所にかけると、再配達の軽減はありがたいけど、品にもしものことがあってはいけないので、置いてもらってもチャイムを鳴らします。マンションなどで暗証番号があればそれは置きますと終始不機嫌そうでした。

        ・日本郵便
         再配達が社会問題になっていて宅配ボックスでゆうパックを応援したいというと「それは結構なことだ」みたいに言われ、登録をするから住所を言ってくださいと個人情報すべて聞かれ、いつ頃置きますか?と言われました。

         同じ宅配業者がでも対応がこんなに違って面白かったです。

        トップページ
        http://fam.fmyoko.com/
        著者:TAGLA


        | kotomisu | 企業・組織 | 14:43 | comments(0) | trackbacks(0) |


        [これがソフトウェアの生き残る道
        0




          ○これがエンジニアの生きる道?



           日本は景気が停滞、設備投資も一時的な需要になり株価の動きも鈍いです。

           そしてIT業界の人間にとってはアプリケーションが、限りなくフリーになって久しいのもあります。アプリケーションエンジニアはいま何をするべきかみんな迷っていると思います。



           ソフトウェア業界でも稼いでいる人がいます。マイクロソフトでありアップルです。アップルがソフトウェア企業?と疑うかもしれませんが、iOSはすぐれたソフトウェアです。Mac OS Xも優れています。マイクロソフトは言わずもがなですが、共通するのは何でしょうか?

           つまりハードウェアと一緒に売るということ。マイクロソフトはSurfaceを出してきましたね。それでWindowsの価値をあげています。アップルはソフトウェアを無料または廉価にしていますが、それはiPhoneやMacといったモノと一緒に売っているから成り立ち儲けています。



           これからのソフトウェアエンジニアはハードと一緒に売る。日本でわかり易くいえば、ゲームの推薦を受けてまた独占販売の権利を得て商売することです。ソフトウェアは半導体で動くものに何でも含まれますので、特定マザーボードでしか動かない優れたプログラム、例えば昔で言えばIntel様のMMXとかを優れたハードをソフトウェア会社が売るなどです。言い古された言葉で言えばコラボレートですね。



           Personal ComputerいわゆるWindowsPCが売れなくなって東芝は現在経営危機に陥っていますが、長年のライバルである日立は独創状態です。彼らもソフトウェアやPCを作っていましたが、どう変化したのでしょうか。PC事業からは撤退し、システム開発をしています。つまりわかり易い例だと回転寿司屋のシステムと皿の下にあるICチップを組み合わせ、客室のタッチスクリーンで注文をするなどというシステム、これをソフトウェアと一緒に得る。銀行システムを作る米IBM社などが大手ですね。日立はそれをやっているんです。エンジニアになるために法人のシステム開発業に特化した、そうしたら家電業界でいち早く勝ち組になった。これらは非常に学びの多い事項ではないでしょうか。



           ソフトウェアが売れなくなって困っているエンジニアのみなさん、ぜひシステム開発やハード(これからならVRなど)との抱き合わせで生き残っていきましょう。



          トップページ

          http://sbook.fmyoko.com/



          (島篤始)
          | | 企業・組織 | 14:37 | comments(0) | trackbacks(0) |


          [グーグル革命とは既得権益排除の精神
          0
            Google_And

            ○既得権益排除と規制緩和を同時に成した凄腕米グーグル社





             日本国に限らず国というものは特権階級が富を民衆から搾取する方向にあります。そして日本は終戦後、人権と自由そして平等権を保証しました。しかしその後も特権階級層が、民衆から金を取り立てることに変わりはなく、いちばん下の人が損を食う時代が続いています。



             グーグル革命とはつまりアメリカにおける既得権益から富を力づくで奪ったそういう気のすく行為だったと思います。

             本や音楽、映画、ソフトウェアを鳥籠から放ち、メーテルリンクの小説のように幸福を見つける行為そのものだったと思います。



             既得権益層を排除するのは日本の歴史を見ても織田信長や小泉純一郎元首相ぐらいしか達成していません。グーグル社員は政治家より優れた仕事をしたといえます。それは精神の若い人のパワーが成した技と言えるしょう。現首相の安倍晋三さんもグーグルを企業モデルとして非常に評価しています。



             正しい青年の形グーグル、日本でもこのような会社が出てくるとすごくうれしいですね。





            TOP Page

            http://sbook.fmyoko.com/





            (島篤始)


            | | 企業・組織 | 20:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            2728293031  
            << May 2018 >>
            + SELECTED ENTRIES
            + RECENT COMMENTS
            + RECENT TRACKBACK
            + CATEGORIES
            + ARCHIVES
            + MOBILE
            qrcode
            + LINKS
            + PROFILE