[社会分析日和

[人物、経済、社会、政治、企業を分析していきます。
<< [KDDIのスマホの次「au未来研究所」は本物を作るか? | main | [新世紀ヱヴァ 新劇場版:|┃9月末日公開 サービスサービスぅ >>


[FirePhone2は外観をスタイリッシュに、なぜなら?日本発売は年末を予定。3Dは覗きこむ感じでゲームに最適、左右にフリックしてメニューも出す
0

    ○Firephone

     こちらTechCrunchのHansOnです。
     3Dは今一理解できないかもしれませんが、動画を見ると覗きこむような感じが分かるはずです。これでゲームをすると凄まじく楽しいです。新しい感覚といいますか。

     また、左右にフリックしてメニューを出します。総帥のベゾス氏は“究極の片手スマホを目指す”と言っており、左右の他にシャッフルすると上からメニュー画面が出てきます。
     左側を上に傾けるとメニューが右も同じです。上からメニューを出すにはスマホを振ります。

     どんなものでもスキャン&ショッピングできるFireflyは早くもGoogleに模倣されてしまいましたが、さり気なくGorillaGlass3を前面背面に採用した他、3Dのセンサーを多数装備、カメラは平凡に見えますが、Fireflyが搭載されています。

     質実剛健な感じがしてあまり派手さのない端末ですが、部品は良い物を使っていますし、Fireflyや3Dモーションはアマゾンが独自に開発したもので、かなりの費用がかかっていると思います。それを$649とかで売ってしまう当たりすごいと思います。ジョブズ亡き今、スマホに革命が起きませんでしたが、アマゾンがやりました。
     先にau未来研究の記事を書きましたが、こういう研究が大輪の花を咲かせるのですね。

     ガジェット好きはこの先進的な機能に感嘆し、飛びついているはずです。しかしアマゾンがわかっているように、コンシューマにもっと目を向けてもらうには外観のスタイリッシュさが必要です。いわゆる化粧(デザイン)ですね。
     Firephone2は、価格はそのまま外観やFireflyなどのアプリをアップデートしてiPhone6の祭りの最中出てくるでしょう。

     AmazonがあまりFirephoneについて広報しないことから出荷台数も不明ですがかなり善戦しています。ゲームに興味のない層も3Dモーションで夢中になること間違いなし。これはKindle Fireや他社スマホなどに向けてAndroidマーケットを開設し、ゲームが空前の売り上げを誇っていることからも自然な流れでした。

     SumsungもAppleもうかうかしていられません!

    ○関連記事

    トップページ
    http://sbook.fmyoko.com/

    (島耕作)
    | | - | 07:17 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://fam.fmyoko.com/trackback/1533129
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE