[社会分析日和

[人物、経済、社会、政治、企業を分析していきます。
<< [FirePhone2の成功は、スマートが握っている。ユーザーの究極片手操作の拘りが、余すスマートに通ずるか。 | main | [ASUSは2014年9月3日、スマートウォッチを発表 >>


[2 in 1Surface Pro4はタブレットを越える
0

    ○ASUSの2 in 1クラムシェル

    ○ChromeOSとAndoroidのクラムシェル、WindowsクラシックUIとモダンのクラムシェルいずれも失敗、OSのキーボード着脱時の変更はシャットダウンを必要としWindows9のSurface Pro4で実装。

     消費者のなかにはAndroidのアプリが充実したことからChromebookよりAndroidPCを望む向きも多いようです。
     そこでGoogleはChromebookでもAndroidを動かせるようにしました。これだけで革命なのですが、Googleは2 in 1と言われるクラムシェルでキーボードをつないでいるときはChromeOS、分離するとAndroidになるという離れ業をやってみようと試みましたが、電源をONのままでは失敗し、電源をOFFにするとChromeOSとAndroidを切り分けられるシステムを開発しました。まだ実験段階にあり、製造はクラムシェルで実績のあるAUSUにやらせるようです。

     Microsoftも2 in 1のSurface Pro4でモダンアプリとクラシックUIを切り替えられるWindows9を開発中であり、聴衆をあっと言わせるようです。Googleが先かMSが先かまだわかりませんが、2014年9月にはAppleのiPhone発表が見込まれており、iTVやiWatchでその話題をさらってしまうかもしれません。

     それにしてもGoogleが誕生してからソフトウェアやハードウェアそしてクルマやめがねに至るまで世界のスピードが上がってきており、これは正に驚愕としか言い様がない状況です。未来が好きな人にはわくわくする世界です。


    ○関連記事

    トップページ
    http://sbook.fmyoko.com/

    (島耕作)

    | | - | 18:35 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://fam.fmyoko.com/trackback/1533140
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE