[社会分析日和

[人物、経済、社会、政治、企業を分析していきます。
<< [互換インクで印刷認識できない場合古いドライバーをインストールしなおす | main | [ジェネリックと従来品の違いは、成分を繋ぐ接着剤が違うだけ >>


[デフレ脱却は中国を抜き心の戦後を闘うこと
0




     「デフレ 脱却」とグーグル検索すると日経ビジネスの記事が出てきました。
     内容は割愛しますが、かつて陥った英国の轍を踏むなというもの。その記事が2012年でした。現在2017年。

     わたしは英国の例を知らなかったのですが、米国が工場としての役割を日本に奪われ、今度はそれを中国が奪っていった過程は見てきました。
     いま、英国は、GDPで仏国に抜かれようとしています。同じ島国から大陸へ経済が奪われていった、そう日経ビジネスも書いていました。

     かつての大統領、バラク・オバマ氏はスティーブ・ジョブズ氏に「工場を米国に持ってこれないか?」と要望されてNOと即座に断ったそうです。それ程米国ひいては日本の生産力と競争力が、落ちているということだと思います。安く作ればそれだけ利益が大きいわけですから経済は政治のようには行きません。

     そこで、日経ビジネスでは、過去のデフレを引き合いに出し、このまま金融緩和を続けていけば、朝鮮戦争特需や資源高でインフレは達成すると結論づけていました。
     わたしの考えは少し違います。中国より4%程度安く作り、従業員の給料はこのまま。そういう提案をします。よくプレミアムなんとかという商品が出ますが、全部中国産に負けます。安いことは正義なのだと思います。そこで腐りきった日本の労働根性を中国未満の給料でやらせてくれと米国に頼むのです。台湾や韓国の仕事も奪いましょう。
     そういう心の戦後をわたしたちは、生き抜いていかないと行けない時期に来ていると思います。安倍首相が手動しようがしまいが、これしか手はありません。198円の落花生と899円で半分の量しかない千葉産落花生では、勝負がついているのです。

     ジムで軽いバーベルから上げるように、徐々に中国を侵食し、心の戦後を一緒に乗り越えましょう。


    トップページ
    http://fam.fmyoko.com/
    TAGLA



    JUGEMテーマ:ビジネス



    | kotomisu | 経済 | 20:31 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://fam.fmyoko.com/trackback/1533179
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728   
    << February 2018 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + RECENT TRACKBACK
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE